受験生、在学生のご家族?保護者の方へ

for PARENTS

受験生、在学生のご家族?保護者の方イメージ

澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网は、体育学部はスポーツの実践やスポーツ科学の探求、教育学部は「教える力」の徹底した養成を通じて学生が秘める可能性を伸ばします。就職?キャリア形成は全学生との面談などマンツーマンで接する体制を整え、高い教員採用試験や公務員試験の合格率、企業などへの就職率につなげています。

学び

専門分野を深く探求。20を超える免許?資格をラインアップ

「学び」では、教員と学生の距離が近く「面倒見の良さ」が伝統です。
体育学部では細分化されたコースごとに専門分野を深く学び、中学校や高校教諭の一種免許状(保健体育)をはじめ、希望者には小学校免許取得プログラムもあり、国家資格の「第一種衛生管理者免許」など合わせて20を超える免許?資格をご用意しています。
教育学部は、小学、中学?高校(保健体育)、特別支援学校教諭の一種免許状が取得できます。また、2023年4月から新たに幼児教育コースを開設する予定です(開設時期等が変更になる場合があります)。教育現場で校長職などを経験した多数の教員が教員採用試験合格に向けて学生を個別?グループで徹底指導します。複数の教員免許の取得が可能です。
また、技術力の向上はもとより、リーダーシップやコミュニケーション能力、人間力を養う場として、スキー、キャンプなどの野外活動実習を取り入れ、実践力を養う場としてインターンシップなど学外での学びを重視しています。
学習支援室のスタッフによるマンツーマンの個別指導も本学の特徴です。通常の授業に関するサポートはもちろん、公務員や教員採用の筆記試験で苦手な分野があっても、講師やスタッフの熱心な指導や励ましを得て友人とともに合格を目指す環境が整っています。文武両道を目指してクラブに所属する全学生を対象にした学修支援も実施し、2022年3月には、大学スポーツ協会(UNIVAS)から「学修支援に関する優秀取組賞部門」で最優秀賞を受賞しました。

就職
キャリア形成

マンツーマン支援で教員、公務員試験に多数合格、企業からも高評価

就職?キャリア形成では、企業や公務員の志望者はキャリア支援センターが、教員志望者は教職支援センターが徹底サポートします。2年次はグループ面談、3年次は個人面談で全学生と話し合います。卒業後も支援を続け、スタッフが職場での人間関係に悩む卒業生とファミレスで語り合うこともあります。学生一人一人と向き合う支援体制は、本学独自の誇れるものであると自負しています。
これらの成果もあり、教員採用試験では2022年度採用で、現役合格が2年連続で過去最多となる63人、既卒者も96人が合格しました。
公務員では消防官の就職率は2019年度は全国1位の4.7%(29人)、20年度は全国2位の4.6%(31人)※。警察官も高い合格率を誇ります。また、就職率は2020年度卒業者は96.6%で、企業の人事担当者からはクラブや野外活動で培った本学学生の人間力に対して、「礼儀正しさ」「粘り強さ」「リーダーシップ」があるなど高い評価を受けています。
※東洋経済新報社「本当に強い大学2020、2021」

クラブ

修学、生活面も支援し文武両道を追求

本学は学生の70%以上がクラブ活動に参加しています。6つの専用体育館と多数の競技場を備え、専用施設の充実度は全国トップ級です。全スポーツ施設が教室棟に隣接し、学生は4限目まで授業、その後は移動時間なくクラブ活動に打ち込め、時間を有効に使えます。スポーツ科学センターでは、専門資格を持つスタッフが指導するAT(アスレティック?トレーニング)ルーム、元プロ野球コーチなどが指導するS&C(ストレングス?アンド?コンディショニング)ルームでサポートを行います。さらに、スポーツ心理やスポーツ栄養、測定?評価などの面からも学生を支援します。
また、強化クラブを中心に指導者は教員が多く、日々の指導を通して競技力向上だけでなく学業、生活態度にも目を配っています。大学クラブ統括組織として全国に先駆けるかたちで創設されたスポーツ局が修学、キャリア形成、生活面でも学生を支援し、文武両道を追求する体制が整っています。
プロ?実業団には、2020年度は43選手が進みました。また、多数の卒業生が高校のクラブなどで全国トップレベルの指導者になっており、2021年度の全国高校総体サッカー男子競技では、本学OBの率いる7校が出場し、うち3校が4強に進出。決勝は本学OB指導者同士の対戦となりました。
現役の日本代表監督?日本代表コーチ、U-22元日本代表ヘッドコーチ、ユニバーシアード日本代表監督、プロ球団元コーチらトップレベルの指導者が多数在籍しているのも本学の特徴です。

学生サポート

学生相談室、医師常駐の診療所で心身をケア

学生へのサポート体制として、学生相談室では臨床心理士などカウンセラー資格を持つスタッフが学業、対人関係など様々な相談に応じます。診療所では全国の大学でも珍しい医師常駐体制のもと、内科?整形外科診療に対応し、さらに、理学療法士が常駐するリハビリテーション室を併設しています。授業中やクラブ活動中のケガについては、教育後援会から自己負担分の補助が支給されます。
奨学金制度では、「スポーツ奨学金」「学業成績優秀者奨学金」「浪商学園創立100周年記念奨学金」など独自の制度のほか、日本学生支援機構、民間団体、市区町村などの制度があり、本学では例年、半数以上の学生が奨学金制度を利用しています。

卒業生の98%超が
「入学して良かった」

昨春、卒業生に実施したアンケートでは「総合的にみて、本学に入学して良かったと思いますか?」との質問に、体育学部98%、教育学部99%が「はい」と回答しました。本学での4年間は何物にも代えがたい貴重な経験になると信じています。

DIALOGUE

保護者×学長が語り合う

Message from the Parents

?澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网学長 原田 宗彦(右)

?佐川 弘美さん(中)
長女が体育学部を卒業し高校教員の道に進む

?菅谷 千恵子さん(左)
次男が教育学部に入学した

トップクラスの施設と経験豊富な教員。
学生の伸びしろを伸ばす環境と実績を
さらに進化させていきます。

卒業生の活躍を知り子どもの入学を応援
原田学長: 本日は保護者の方から見た大学への感想、要望などをお聞かせください。
菅谷さん: 次男の大学選びでは剣道を続けること、教師か警察官を目指せることが条件で、部を指導する先生が素晴らしく和歌山の自宅から近いこともあって選びました。私は高校の教員で、職場には大体大の先生が多く、皆さん専門性が高いので、「ここで頑張れば社会人として立派になってくれる」とも思いました。
佐川さん: 長女は教員志望でしたが、もしこの先別の道を選んだ時のことも心配していました。でも、オープンキャンパスに行って、大体大ではスポーツに関して多様な勉強ができ進路も企業など幅広いことを知り、娘を応援しようと決めました。
原田学長:教員採用については、私は昨年4 0校以上の高校を訪問しましたが、どの学校にも卒業生がいて、校内での評判は上々でした。本学が誇れるネットワークです。
マンツーマンの就職支援。親にとって重要ポイント
佐川さん: 長女は卒業後、大阪府内の高校で講師を務めます。1 、2 年生のころから懇談会で、教職支援センターでは様々な指導を受けることができるので積極的に利 用するようアドバイスいただきました。
菅谷さん: 大体大の就職支援はマンツーマンで手厚いと聞いていますが、就職でのサポート内容は親にとってとても気になるポイントです。大学の広報誌を見ると教員採用試験の現役合格者が増えていることが分かります( 2021年度卒業者で2年連続過去最多となる63人合格)。しっかりサポートされている成果だと思います。
学外での学びや実習の場。コロナ禍でも確保を
菅谷さん: 昨年のスポーツの国際大会で教育学部の同学年の友人が活躍し、次男はすごく刺激を受けていました。周りに刺激しあえる学生がいることはとても大切です。また、2年生から小学校でのインターンシップが始まるほか、大学には地域の子どもと触れ合う場や学外での活動も数多くあります。学生にとって貴重な経験ですので、コロナ禍の中であっても可能な限り、大学内で人と接して成長していく機会を確保してほしいと感じています。
原田学長: おっしゃる通り学外での活動は重要です。本学ではインターンシップ、実習などが充実し、国際交流センター、社会貢献センターを通じて多彩な事業、イベントも実施しています。今後も力を入れていきます。
高校生の保護者の方はキャンパスを見て感じてください
佐川さん: オープンキャンパスなどを利用して大学を自分の目で見ることはとても大切です。私の場合、施設の素晴らしさだけでなく、活気ある学生の姿を見ることができ、けがをした時のサポート体制の充実ぶりなども知ることができました。また、長女は「自分の周りで大体大に来たことを後悔している人は聞いたことがない。それは自信を持って言える」と話しています。
原田学長: 貴重なお話をいただき、大変参考になりました。本学はトップクラスの専用スポーツ施設を備え、経験豊富な教員と学生の距離の近さが特徴で、就職で高い実績を残しています。一方で1 8 歳人口が縮減する中、進化を迫られています。アフターコロナの「幸福な社会づくり」を目指す大学として、より充実したカリキュラムの構築に取り組みます。

学生生活STUDENT LIFE

▲