受験生、在学生のご家族?保護者の方へ

for PARENTS

受験生、在学生のご家族?保護者の方イメージ

澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网は、体育学部はスポーツの実践やスポーツ科学の探求、教育学部は「教える力」の徹底した養成を通じて学生が秘める可能性を伸ばします。就職?キャリア形成は全学生との面談などマンツーマンで接する体制を整え、高い教員採用試験や公務員試験の合格率、企業などへの就職率につなげています。

学び

専門分野を深く探求。20を超える免許?資格をラインアップ

「学び」では、教員と学生の距離が近く「面倒見の良さ」が伝統です。
体育学部では細分化されたコースごとに専門分野を深く学び、中学校や高校教諭の一種免許状(保健体育)をはじめ、希望者には小学校免許取得プログラムもあり、国家資格の「第一種衛生管理者免許」など合わせて20を超える免許?資格をご用意しています。
教育学部は、小学、中学?高校(保健体育)、特別支援学校教諭の一種免許状が取得できます。教育現場で校長職などを経験した多数の教員が教員採用試験合格に向けて学生を個別?グループで徹底指導します。複数の教員免許の取得が可能で、特別支援教育コースも新設しました。
また、技術力の向上はもとより、リーダーシップやコミュニケーション能力、人間力を養う場として、スキー、キャンプなどの野外活動実習を取り入れ、実践力を養う場としてインターンシップなど学外での学びを重視しています。
学習支援室のスタッフによるマンツーマンの個別指導も本学の特徴です。通常の授業に関するサポートはもちろん、公務員や教員採用の筆記試験で苦手な分野があっても、講師やスタッフの熱心な指導や励ましを得て友人とともに合格を目指す環境が整っています。

就職
キャリア形成

マンツーマン支援で教員、公務員試験に多数合格、企業からも高評価

就職?キャリア形成では、企業や公務員の志望者はキャリア支援センターが、教員志望者は教職支援センターが徹底サポートします。2年次はグループ面談、3年次は個人面談で全学生と話し合い、卒業後も支援を続けます。学生一人一人と向き合う支援体制は、本学独自の誇れるものであると自負しています。
これらの成果もあり、教員採用試験では、現役55人、既卒者114人の計169人が合格しました(2021年度採用)。公務員では消防官の就職率は2019年度は全国1位の4.7%(29人)、20年度は全国2位の4.6%(31人)※。警察官も高い合格率を誇ります。また、就職率は2019年度卒業者は97.2%、20年度は96.6%で、企業の人事担当者からはクラブや野外活動で培った本学学生の人間力に対して、「礼儀正しさ」「粘り強さ」「リーダーシップ」があるなど高い評価を受けています。
※東洋経済新報社「本当に強い大学2020、2021」

クラブ

修学、生活面も支援し文武両道を追求

本学は学生の70%以上がクラブ活動に参加しています。6つの専用体育館と多数の競技場を備え、専用施設の充実度は全国トップ級です。全スポーツ施設が教室棟に隣接し、学生は4限目まで授業、その後は移動時間なくクラブ活動に打ち込め、時間を有効に使えます。スポーツ科学センターでは、専門資格を持つスタッフが指導するAT(アスレティック?トレーニング)ルーム、元プロ野球コーチなどが指導するS&C(ストレングス?アンド?コンディショニング)ルームでサポートを行います。さらに、スポーツ心理やスポーツ栄養、測定?評価などの面からも学生を支援します。
また、強化クラブを中心に指導者は教員が多く、日々の指導を通して競技力向上だけでなく学業、生活態度にも目を配っています。大学クラブ統括組織として全国に先駆けるかたちで創設されたスポーツ局が修学、キャリア形成、生活面でも学生を支援し、文武両道を追求する体制が整っています。
プロ?実業団には、2020年度は43選手が進みました。また、多数の卒業生が高校のクラブなどで全国トップレベルの指導者になっており、2021年度の全国高校総体サッカー男子競技には、本学OBの率いる7校が出場し、うち3校が4強に進出。決勝は本学OB指導者同士の対戦となりました。
世界大会優勝のU-24元日本代表監督、U-24元日本代表ヘッドコーチ、ユニバーシアード日本代表監督、プロ球団元コーチらトップレベルの指導者が多数在籍しているのも本学の特徴です。

学生サポート

学生相談室、医師常駐の診療所で心身をケア

学生へのサポート体制として、学生相談室では臨床心理士などカウンセラー資格を持つスタッフが学業、対人関係など様々な相談に応じます。診療所では全国の大学でも珍しい医師常駐体制のもと、内科?整形外科診療に対応し、さらに、理学療法士が常駐するリハビリテーション室を併設しています。授業中やクラブ活動中のケガについては、教育後援会から自己負担分の補助が支給されます。
奨学金制度では、「スポーツ奨学金」「学業成績優秀者奨学金」「浪商学園創立100周年記念奨学金」など独自の制度のほか、日本学生支援機構、民間団体、市区町村などの制度があり、本学では例年、半数以上の学生が奨学金制度を利用しています。

卒業生の98%超が
「入学して良かった」

今春、卒業生に実施したアンケートでは「総合的にみて、本学に入学して良かったと思いますか?」との質問に、体育学部98%、教育学部99%が「はい」と回答しました。本学での4年間は何物にも代えがたい貴重な経験になると信じています。

INTERVIEW

保護者インタビュー

Message from the Parents

松下 猪子(まつした ちよこ)さん

大阪市生野区在住

長男 幸暉(こうき)さん
2020年3月、体育学部 健康?スポーツマネジメント学科 健康スポーツコース卒業。
私立高校保健体育科講師

長女 幸帆(ゆきほ)さん
体育学部 健康?スポーツマネジメント学科 アスレティックトレーニングコース4回生。
大学院で保健?体育科教育学に進学希望

4年間の子どもたちの成長を
実感できました

お子様が澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网への進学を決めた理由は何でしたか。
長男はサッカー、長女はテニスを高校まで続けていて、2人とも「大学でもクラブを続けたい」「保健体育科の教師になりたい」と考えていました。保健体育科の教員免許が取得できる大学は複数ありましたが、2人とも「体育学部で学びたい」「クラブ活動ができる環境がある」という理由で、澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网を選びました。
お子様から進学先について聞かされた時、ご家族はどう行動されましたか。
ホームぺージやオープンキャンパスで体育?スポーツ系の大学をできる限り調べました。澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网のオープンキャンパスには何度も通い、毎回、個人面談で様々なことを質問しました。調べていくうちに、澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网は保健体育科教員としての専門の知識が深く学べることが分かりました。子どもたちには単に免許を取得するだけでなく深い知識を身に付けることが、教員になった後で役立つのではないかと考えました。
オープンキャンパスでは体育館やサッカー場、テニスコートなど数多くの施設を見学し、体がキュッと緊張するぐらい圧倒されました。また、他の大学のオープンキャンパスでは、競技場と大学が離れているケースもありましたが、澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网はクラブの練習場所と校舎が同じキャンパスにあって移動が少なく、子どもが講義もクラブも活動しやすいと考えました。子どもともよく話し合って澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网への進学を決めました。
お子様は澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网に進まれて良かったと思われますか。
良かったと思います。毎日、大学に通う子どもの様子がとても明るく充実しているようで、安心しています。一般的な大学生のイメージはアルバイトに時間を費やしたり、サークルで旅行したりして楽しむと思いますが、子どもたちは真逆で、クラブの朝練や講義の実技や実習、そして夕方のクラブと一日中大学で過ごしています。澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网は卒業後の進路などで同じ志を持った学生が集まっていると思いますので、学生同士が切磋琢磨し成長していくことができるのではないでしょうか。 また、長女はテニス部の監督がゼミの指導教官でもあるのですが、家でもその先生の名前を出してゼミや実習などの話をしてくれ、「大学なのに、本当に先生との距離が近いのだなあ」と感じています。
クラブ活動はお子様の成長につながっていると思いますか。
試合や練習などの見学で大学を訪れる機会がありますが、学生一人一人が意志の強い目をしていますね。同じ空間に多数のクラブがあり、他のクラブからも刺激を受けていると思います。また、長男も長女も高校時代は全国レベルの成績ではなかったので、大学でクラブ活動について行けるのか心配な面はありましたが、長男は関西学生サッカー連盟の仕事、長女は学内で開催される国際テニス大会の運営などを通して得がたい経験をしました。大学では、様々な競技レベルの仲間と活動する中で、クラブ活動で目標に据える選択肢が広がっているのだと思います。澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网ではスポーツを通して、4年間の子どもの成長を実感することができました。 卒業後の進路についても先生方から気にかけていただき、学生一人一人を大切にされていると強く感じます。
澳门皇冠体育_皇冠篮球比分-赌场*官网への進学を検討している高校生の保護者の方にメッセージはありますか。
オープンキャンパスを利用して学生の姿を見ることは有意義だったと思います。親子でキャンパスの雰囲気を感じ、この環境であれば4年間頑張ることができると実感することができました。キャンパスの雰囲気を知ることは大切です。
また、大学に入って4年後に何をしたいのか子どもと話をすることも必要だと思います。
長男は今、私立高校の講師として勤務していますが、厳しいと思われる日々の業務に対しても黙々と取り組んでいます。「人間力」を育んだ大学での4年間の経験が生きていると感じています。

学生生活STUDENT LIFE

▲